プロモーション 清野 歩 プロモーション部 2016年4月入社

所属部署の、当社における役割やミッション
クライアントの商品・サービスの価値を消費者に伝えるために、様々な視点から企画を考えています。
立案した企画は、様々なパートナー企業(企画を形にするプロたち)と連携をとりながら、実行~管理をします。
所属部署の業務内容
「“自分が消費者だったら、どんな時に足を運んだり、お金を出したりするかな?”を考えて企画を立て、実行する」のがプロモーション部の主な仕事です。
例えば、ファッションを取り扱うクライアントから、「春夏の新作を消費者にもっと知ってもらいたい!」と相談があれば、「若者に向けるなら、SNSを活用するのはどうだろう?」「既存の消費者が対象なら、店内でファッションショーを開催するのがいいかな?」などのアイデアを考えて、形にしていきます。
※イベント関係の業務が多い為、イベントを請け負う部署じゃないの?と思われることもありますが、イベントはあくまでも手法の一部です。
新宿サザンテラス縁日
入社からこれまでの経歴
入社以来、ずっとプロモーション部に所属しています。
部署柄、若手の視点が重宝される風潮があり、1年目後半~2年目にはある程度業務を任せてもらえるようになりました。初めのうちは、「どんな小さな作業でも任せてもらう」「一回自分なりにやってみる」「分からないことは質問する」「たまに出来ない自分に涙する」を繰り返しながら仕事を覚えていきました。
担当業務について
若い女性をターゲットとした商業施設の案件をメインで担当することが多いです。
自分自身も消費者の一人である意識をもって「私ならどう感じるかな?」という視点での企画提案を心がけています。自身のアイデアが実施につながることも多く、消費者の良い反応も、良くない反応もリアルに感じることが出来るので、とてもやりがいがあります。
自身の経験・能力・性格などで役に立っていることと、その理由
理解力の低さです。
私は同期や年齢の近い先輩後輩と比べ、頭の回転が鈍く(笑)、例えば営業から依頼を受けた際に、「なぜそれが必要なのか」「どういう目的なのか」など、自分の中で確認・理解したものでないと行動に移すことが出来ません。(相手にはちょっと面倒な奴…って思われているかもしれないのですが)この短所のお陰で、「聞き手が私だったら、どんな伝え方が分かりやすいかな?」と聞き手の立場を想像した明確・丁寧な指示出しが出来、認識の齟齬によるトラブルを未然に防ぐことにつながっています。
もっとこんな能力があれば、
この部で働くのに役立ちそうだと思うこと
会社に入ると、クライアントの要望や、社内の意見、パートナー企業への配慮等、考慮すべきことがたくさんあり、一番大切にすべき消費者目線の意見をなかなか周りに主張する勇気が持てなくなってしまうことがあります。
しかし、企画の質を上げるためにはそのような意見を大切にしてチームで議論する必要があるため、「(いち消費者として)私だったらこうしたい」、「それはする必要ないと思う」などの意見は、強く訴えられる人でいたいと常に意識しています。
就活を控える学生へのメッセージ
当社の業務は、例えると1年に学園祭がたくさんある感じです。
企画したり、進行を考えたり、分担したり、実行したり…自分の配属された場所で主体的に取り組んだり、チームで物事を進行していくことが苦でなければ、楽しく働ける会社だと思います。そのような方は是非エントリーしてください。

一日のスケジュール

  • 9:00
    出社
    出社次第、すぐに業務に取り掛かれるように、会社で支給されるスマホを使って、通勤電車の中で、メールチェックを済ませます。
  • 9:30
    出社・タスク整理・各所連絡
    出社したら「その日にやらなければならないことは何か?」「それらの優先順位はどうすれば一番効率がいいか?」を、iPadのメモアプリを使って整理します。パートナー企業に依頼事項がある場合は、担当者が活動し始める前(極力朝イチ)に連絡をします。
  • 10:00
    資料確認
    イベント運営会社さんに、前日中〆切で提出を依頼していた資料を確認。オーダーした要件がすべて満たされているか等を確認し、納得いく情報が揃ったら営業に提供。提供した情報は営業からクライアントへ共有され、修正の有無などを確認し、決定したものから手配を進めていきます。
  • 12:00
    ランチタイム
    就業時間中に1時間休憩をとることになっていますが、午前中のタスクが残ってしまっていたり、突発的な業務に対応したりしなければいけないときは、外まで食べにいかず、ビル内のコンビニ自販機でパンを買って食べながら、作業時間に充てることが多いです。
  • 13:00
    チームミーティング
    週に1回以上チームミーティングを開き、業務状況を上司に報告・相談しています。経験豊富な上司·先輩から効率的に業務を進めるためのアドバイスを受け、自身では気が付いていなかったリスクの早期発見に繋がっています。
  • 14:00
    賞品案ヒアリング
    若い女性がターゲットの抽選会を企画中、「どんな賞品が用意されていたら参加したくなるか?」を調べるために、ターゲットに近い女性社員を集めてリアルな意見を収集。一人で1時間悩むよりも短時間でたくさんのアイデアを集めることが出来ます。
  • 15:00
    パートナー企業との現地調査
    クリスマス装飾を依頼されている商業施設に、装飾会社と共に現地調査を行いました。クライアント立ち合いのもと、どこに装飾を施したいか、どの程度の重さまで設置可能なのか等、施設特有の要件を実際に見て確認します。現場を直接見ることで、事故やトラブルが起こる可能性を減らすことが出来るため、企画段階で必ずパートナー企業と現地へ足を運びます。(装飾箇所を測るメジャーは現調には欠かせません!)
  • 16:00
    競合視察
    競合・他社事例の視察を行うことで、最新技術・手法の収集をしています。よく言われることですが、いいアウトプットの為にも、インプットの時間はしっかり確保出来るように心がけています。写真はキッチンカーイベントの視察に行った時のものです。タピオカを買って飲んだのもあくまで調査の一環です…。
  • 19:00
    夕飯
    最寄り駅まで帰ったら大好きなラーメン屋さんで夕ご飯。
  • 20:00
    帰宅
    帰ったら寝る支度をして洗濯機を回しながら、婚活サバイバル番組を見たり、録画しておいたドラマを見たりして過ごしています。

オフの過ごし方

私のオフは、金曜日の終業後から始まります。華金は「華金最高~」とか「今週長かった~~~」とか言いながら同僚や先輩と飲みに行ったり、土曜日は昼までゆっくり寝て、買い物に出たり、映画やイベントを見に行ったりアクティブに活動することも。日曜日は、昼から家の掃除をしてゆっくり過ごすことが多いです。
写真は、会社の若手で週末に集まってバーベキューをした時の、同期4人での写真です。普段部署がバラバラの同期と「最近どうなの!」なんて話をするのも楽しみです。
TOP